元グラビアアイドルのスザンヌさん。おバカタレントとして一躍お茶の間の人気タレントとして有名になりましたね。

 

「クイズ!ヘキサゴンⅡ」の他にも多数のバラエティ番組に出演し、その可愛らしいルックスと愛嬌のあるキャラクターで、大人から子どもまで幅広いファン層に指示されています。

ドラマで女優デビューしたりCDを出して歌手デビューしたりと、マルチタレントとして異彩を放つ彼女ですが、結婚、出産、そして離婚と普通の女性としての道も経験してきました。

 

ところが、そんな彼女だからこその悩みがあるのをご存じですか?

これは意外にも仕事や家事、出産などで日常的に大きなストレスがかかる現代の女性に多い悩みでもあるのです。

 

女性の悩みだと、やっぱり肌?

それともダイエット?

もしかして恋愛??

 

いいえ、違います。その悩みとは実は「薄毛」です。

 

えっ、薄毛って年を取ったおじさんがなるものじゃないの?

若いから関係ないでしょ

そもそも女の人ってハゲないじゃん!

 

本当にそうでしょうか。髪の悩みというと男性を想像する人が多いですが、そもそも薄毛とハゲは全く別物です。

実は女性でも薄毛やコシのない髪のせいで地肌が見えてしまう、という髪の悩みを抱えてるのです。

出産後に抜け毛が増えてしまったり、仕事や家事、育児に追われ大きなストレスが女性にかかり薄毛になってしまうことは今ではさほど珍しい事ではないのです。

 

 

〇薄毛に悩むAさん(29才/会社員)の場合

髪の薄毛が気になりだしたのは1年ほど前。

指摘されたのは彼氏からでした。

「なんかさ、髪の毛が薄くない?」

座っていた私の後ろを通っていた彼から、そう言われてショックでした。

元々髪質が柔らかい方なので、根本がへたりやすいという自覚はありました。

だからどんなにセットしても、分け目が目立ってしまう。

彼に指摘されてから、なんだか自分に自信が持てません。

どうすればいいのでしょうか。

 

 

実はA子さんのように、若いうちから薄毛に悩む女性が増加傾向にあるのです。

髪の毛は女性にとっては美の象徴そのもの。女性らしさを演出するファッションアイテムでもあります。

カラーに染めたり、念入りにトリートメントをしたり、髪の毛のケアも体と同じだけ手をかけています。だからこそ髪の毛が決まらないと、どんなにメイクが決まっていても一日が憂うつになってしまうものです。

でも髪の毛のケアは怠ったことないのに、髪の毛が薄くなるのはどうして!?と原因が分からないまま、今にも地肌が見えそうな薄毛に肩を落とす女性たち。

実は、何気なくやっていることが髪を薄くしている原因だとしたら、どうしますか?

 

〇気づいた時には手遅れ、そうならないために

 

女性は化粧をするために、毎日鏡を見ます。そのため肌の変化にはとても敏感で対応も早いです。しかし、自分の目で見ることが難しい頭頂部や後頭部は、変化に鈍感です。

カラーやパーマをするのは美容師ですが、たとえ髪のプロであっても、「お客さん、最近は髪が薄くなりましたね」とは言いませんよね。たとえ親切心であっても、そんなことを言うのは失礼にあたります。

また仲良しの友人であっても、同様に気づいても言わないことが暗黙の了解ではないでしょうか。

例え事実でも、薄毛を他人に指摘されることは本人にとっては恥ずかしいことです。

でも、あなたが気づかないままでいれば、薄毛はどんどん進行していきます。気づけた時は、かなり薄毛が進行していると言ってもいいでしょう。

 

最近、ヘアーセットがうまくいかない

トップにボリュームがない

髪の毛が痩せてきた気がする・・・

 

このような症状で少しでも気になることがあれば、あなたは薄毛、もしくは薄毛予備軍です。

若いからまだ大丈夫と思っていませんか?

実は「髪の毛の丈夫さ」と「年齢」はあまり関係ないのです。

では女性が抱える薄毛問題にはどのように向き合えばいいのでしょうか。

 

〇友人の薄毛が改善したことに気づいたS子さんの場合

 

最近、髪のボリュームに悩むS子(37才)は、半年ぶりに友人B美との食事に出掛けました。

B美は数年前から髪が薄くなったことを気にしていたので、S子は誰にも話せない髪のボリュームについて相談をしようと思っていた。

待ち合わせのレストランで、先に席に着いたS子は、しばらくして入店してきたB美の変化に驚きました。

「ごめんね、お待たせ~」

「ううん、私も今来たところだよ」

席に着いたB美に、S子は身を乗り出して話を切り出しました。

「ねぇ、髪どうしたの?」

「あ、気づいた?」

ふふっと笑ったB美は、ふわふわとボリュームのある髪を揺らして笑いました。

「だって、トップが薄くなったと悩んでいたじゃない?」

「そうそう。でも今はそんなことないでしょ。5才は若返った気分ね」

彼女の悩んでいた姿を知っていたS子は友人の変化を素直に喜ばしく思いました。そしてそれと同時に、疑問が浮かびました。

「・・・ウイッグ?」

「まさか!ちゃんと地毛よ」

S子の問いをかわすと、B美は自分の髪クイクイッとひぱって見せた。

髪の悩みは女の敵。その悩みがなくなれば、こんなにも自信に満ち溢れるものなのか。S子は関心した。

「実はさ、私もトップのボリュームがなくなってきて、今日そのことを相談しようと思っていたの」

「そっか。私もすごい悩んだよ。いやだよね、髪のボリュームがなくなるの」

B美は真面目にS子の話に耳を傾けた。

「私も、ブローがうまくいかなくて、いつも髪ばかり気にしてたよ」

「ねぇ、どうやって髪を増やしたの?」

S子の直球の質問に、B美はスマートフォンを取り出すと、とあるサイトにアクセスして、その画面を見せた。

「私の薄毛を救ってくれたのは、この育毛剤よ」

「ケノミカ?」

「そう。世界の女性が認めた、女性のための育毛剤なの」

「世界が認めたって、ちょっと大げさじゃない?」

「それが世界の毛髪業界の中で最優秀賞になった最新技術から生まれた育毛剤だから、大げさじゃないの。しかも、防腐剤無添加でノンアルコールだから、肌が荒れたりしなくていいよ。」

「へ~!そんなにすごい育毛剤があるんだ!でも育毛剤っておじさんのイメージじゃない?なんか買うの恥ずかしくって」

「これは通販限定販売だから大丈夫。しかも女性が女性のために考えたパッケージだから、ドラッグストアにあるような育毛剤よりも高級感があっていいよ。ぱっと見、育毛剤に見えないから家族にもばれないしね。」

「でも、こういうのって高くない?」

「最初は5000円引きで買えて、返金保障もあるから、もし肌に合わなくても大丈夫。継続して買うと20%引き(毎月お届けコースの場合)になるよ。市販でも1万円を超える育毛剤あるけど効果が出なくても返金できないじゃない?それを考えると間違いなくこっちのがお手軽だよ」

「そうなんだ!返金保障あるのは心強いから、試しに買ってみようかな!」

S子は、さっそくケノミカを購入して使うことにした。

以下商品紹介箇所

〇実際にケノミカを使用した女性の感想

 

・ともみんさん(31才/主婦/埼玉県)

子どもを出産してから髪の毛のボリュームが一気になくなりました。

おまけに育児は、自分に構う時間がないのでヘアケアをする暇もなく。

ある日、子どもを撮ったムービーを見たら自分の後頭部が薄くなっていることを知ってショックを受けました。

同じように産後の髪質で悩むママがSNSでUPしていたケノミカを使ってみることに。

使い始めて一週間で、倒れていた根本がふんわり立ち上がるようになりました!

信じて、このまま使い続けていきたいと思います。

 

・ゆきこさん(45才/会社役員/東京都)

仕事柄、ストレスの毎日です。ストレスと不規則な生活のせいか、分け目から髪が薄くなってきて、目立つように。

これはいけないと以前から気になっていたケノミカを一念発起して購入。

生まれて初めての育毛剤でしたが、プッシュ式で使いやすく、刺激などもなくてとてもいいです。

使ってみて、髪の毛がしっかり根元から元気になってきました。

白髪染めが落ちる心配もないのもいいですね。

髪のために、これからも使いたいと思います。

 

〇女性が作る女性のための育毛剤だから安心!

 

 

ケノミカは育毛理論を徹底的に研究した技術を採用。

育毛サイクルの指令を司る「毛乳頭細胞」の中にある「繊毛」という器官に「加水分解酵母エキス」が働きかけることで、活性化。

活性化された繊毛からは育毛促進シグナルが、なんと300%も増殖し、あなたの髪を「育毛」してくれるでしょう。

 

 

薄毛に悩んでいるなら、まずは育毛ケアをしてみませんか?

 

ケノミカならあなたの細く弱った髪を美しく強く育て、美への自信を取り戻してくれることでしょう。